1. トップページ
  2. コンピューター・Web関連
  3. Puppy Linux(おぺらっぴぃ)の高速化設定

Puppy Linux(おぺらっぴぃ)の高速化設定

2015年03月10日

久々にPuppy Linux(おぺらっぴぃ)を再インストールしたので高速化するための設定をメモしておく。

仮想コンソールを無効

/etc/inittabを以下のように変更。

::sysinit:/etc/rc.d/rc.sysinit
tty1::respawn:/sbin/getty -n -l /bin/autologinroot 38400 tty1
#tty2::respawn:/sbin/getty 38400 tty2
#tty3::respawn:/sbin/getty 38400 tty3
::ctrlaltdel:/sbin/reboot

Grub4Dosのブートメニューを無効

/menu.lstを以下のように変更

timeout 0
default 0
hiddenmenu

シャットダウン時に電源が自動的に切れるようにする

/menu.lstを以下のように変更

kernel /boot/vmlinuz root=/dev/sda2 ro acpi=force

Webブラウザーの優先度をあげる

/usr/local/bin/defaultbrowserを以下のように変更

#!/bin/sh
exec nice -n -20 opera "$@"

シャットダウン時にCDを取り出さない

メニュー>セットアップ>個人保存ファイルの設定で「シャットダウン時にCDを取り出す」のチェックを外す

Flash Playerをインストールする

メニュー>インターネット>GetFlashからFlash Player 10.3.183.90をダウンロードする。

Xorgウィザードで24bitカラー以上を選択する。

デスクトップの背景画像を無効

/root/Choices/ROX-Filer/PuppyPinを以下のように変更

<!--<backdrop style="Scaled">/usr/share/backgrounds/default-431JP.jpg</backdrop>-->