1. トップページ
  2. 日記
  3. 個人的なt.A.T.u.のベストソング集

個人的なt.A.T.u.のベストソング集

2020年01月06日

つい先日t.A.T.u.についての記事を書いたばかりなのだが、その熱が冷めぬ内にt.A.T.u.の楽曲を全て(Remixはまだ殆ど聴けていない)聴いてみた。今はYouTubeで全て聴けるので本当に便利。聴いてみて分かったのだが、どの曲も良い曲ばかりで、ダメダメでゴミのような曲は1曲もなかった。その曲の中でも特に気に入ったものをYouTubeの再生リストにまとめてみた。

今まで再生リストなどについては何故自分の趣向を公開しなければいけないのかと思っていたが、やはり便利なので利用させてもらうことにしよう。t.A.T.u.というとスキャンダラスなイメージが先行するけど、良い曲も多いんだよ、そんな理解が深まればありがたい限り。

何かの拍子に再生リストが消えても困るので、この記事にも一覧を載せておく。以下が個人的に文句なしのベストソングである。

  • Ya Soshla S Uma
  • Nas Ne Dogonyat
  • 30 Minut
  • Not Gonna Get Us
  • All The Things She Said
  • 30 Minutes
  • Ne Ver', Ne Boisya, Ne Prosi
  • All About Us
  • Loves Me Not
  • Objzienka Nol
  • Dangerous and Moving
  • Lyudi-Invalidy
  • Chelovechki
  • Little People
  • Ya Soshla S Uma Fly_Dream Mix
  • Ya Tvoy Vrag - Demo

良い曲だが、再生リストに含めるか迷いに迷って、結局止めた次点の曲。

  • Yugoslavia
  • Robot
  • Malchik-Gey
  • Malchik Gay
  • How Soon Is Now?
  • Vsya moya lyubov
  • Ya Soshla S Uma - Demo - Elena Kiper Version

前回の記事でも書いたが、後期にいくにつれて、(どれも良い曲であるものの)突き抜けるような素晴らしい曲が少なくなっている気がする。最後のアルバムであるWaste Managementとその一つ前のアルバムであるVesyolye UlybkiからはLittle PeopleとChelovechkiの2曲しかノミネートしなかった。2005年まではとても高品質な曲を送り出していたのにどうしてこうなった。