1. トップページ
  2. 狩場考察
  3. 横狩りを否定はしないが倫理は求められる

横狩りを否定はしないが倫理は求められる

2008年02月06日

今回はメイプルストーリーおよび、狩り場における倫理についてです。

個人的にはメイプルストーリーでは倫理は無いほうがメイプルらしくていいと思うのですが、今回はあえて自分とは反対の意見を書きたいと思います。


さてここからが本題なのですが、現在一人一Map制が主流の現在では横狩りという行為は非常に嫌悪されています。勿論、横狩りという行為自体が嫌悪されているのですが、そのほかにも、横狩りを行う方による倫理観にかける行為もまた、嫌悪の対象になっているように思います。

どうしてそのように思うかというとですね、メイプルストーリー系のブログをみていると良く目にするのが
「横がきてその上、MPKされてしまいました」
の、ような内容なんですよ。横狩り+倫理観にかける行為を受けたということが書かれていたりします。

では、具体的に倫理観にかける行為とはどんな行為でしょうか?

一般的に言われているものでは、誹謗中傷や、MPK、故意によるマクロ探知機、横殴りなどでしょう。
(横殴りについてはボスモンスターとの兼ね合いがあるので一丸に悪いとはいえませんが・・・)

つまりですね、横狩りを行う方による倫理観にかける行為が横狩りのネガティブイメージに拍車をかけているということです。

また、純粋に狩場共有の立場から横狩りを行うのであればそれは倫理観にかける行為というより、イデオロギーの対立ですのでいいと思うのですが、相手に対して嫌がらせのための横狩りもまた、ネガティブイメージにさらに拍車をかけているということです。


とゆうわけで、今回の記事で言いたいことはですね、横狩りという行為と、横狩りを行う方による倫理観にかける行為を分けて考えなければならないということです。

タグ: メイプルストーリー 横狩り